頭皮に良いシャンプーの仕方がある

頭皮に良いシャンプーの仕方がある

髪の毛ばかりではなく頭皮にまで作用するシャンプーを使おうと思ったら、おそらくプロ仕様のシャンプーのレベルの品質のものを使わなくてはいけないかもしれません。それというのはかなりお金を使う事になってしまうので日常的なケアとしてはなかなか難しい、と感じる人も多いかもしれません。確かに良いシャンプーを使う事が頭皮にとっては一番かもしれませんが、私達が普段行っている様な市販品を使ってのシャンプーでも、できるだけ頭皮に良い使い方をすれば効果はあるようです。私達は普段シャンプーは髪の毛を洗うもの、という感覚でいますが、髪の毛が頭皮から生えている限り、液体であるシャンプーを使えばどうしても頭皮にも影響を及ぼします。ですから頭皮に悪い影響を与えるシャンプーの仕方をしていたら、毎日のように頭皮を害している事になります。正しいシャンプーの仕方、という手順を知っているのと知らないのとでは、健康的な頭皮を保つ、という事に関してはかなりの差が出てくる様です。シャンプーをする、という行為は毎日の積み重ねです。頭皮に毎日良い影響を与えるか、悪い影響を与え続けるか、という事は、長い目で見たら綺麗な髪の毛を保つことが出来るかどうか、という事に関わってくると思いますね。シャンプーをする、といったおそらくみなさんはまず「髪を濡らす」と言う事から始めると思うのですが、この「髪を濡らす」という工程は実は「髪を洗う」という工程であるべきなんですね。髪を洗うのはシャンプーを付けてからではないの?と思う人が多い事でしょう。ところが実際にはこの「お湯で髪を濡らす」と言う工程を「お湯で髪を洗う」という意識に帰るだけで、その後のシャンプーが全く違ってくるらしいです。なぜなら本来髪の毛の汚れと言うのは、ほとんどがお湯で落ちてしまうものらしいんですね。残りの汚れというのは主に皮脂によるもので、それを取り除くためにシャンプー剤の力を借りるのだそうです。ですから、まずお湯で髪の毛をしっかり洗ってからシャンプーを使う、という意識にする事で、シャンプー剤で必要以上の油分を取り除いてしまう危険性を防ぐことができるんですね。今思っている以上にシャンプーの使用量を減らす事も出来るでしょう。特にしはんひんのしゃんぷーをつかう場合には洗浄力がかなり強く作られているので、使えば使うほど、使用時間が長いほど、必要以上に洗浄されてしまって、必要な油分も取り除かれて髪の毛や頭皮の乾燥をもたらしてしまうそうです。ですから市販品のシャンプーを使う場合には特にその前の「お湯で洗う」という工程に時間をかけると良いようです。志木 美容院