毎日洗う理由

毎日洗う理由

実際に「毎日欠かさず髪を洗う」と言う人は、どうして毎日洗うと決めているのでしょうか。「毎日洗う派」の多くの人の答えは「ベタベタするから」というもののようです。洗わないでいると翌日には髪の毛のべた付きが気になる、というのです。確かに特に夏場などは髪を洗わなければべた付いた感じになったり、ふんわり感がなくなったり、見た目に脂っぽく見える事もあります。ですがそれが周囲の人にわかるレベルなのか、というと一日ぐらいの事ならそれほどでもない事も有ります。極端にたとえば一週間も洗わない、という事であれば確かに人からみても髪のべた付きが解るほどになるかもしれませんが、一日ぐらいなら人には気付かれる事は無いかもしれません。ですが毎日洗わないと気が済まない人の多くは、人からどう見えているか、という事よりも自分自身が髪の毛のべた付きを感じて不快に思う様ですね。普段よりも髪の毛を重く感じたり、テカテカしている、スタイリングが決まらない、といった実感があるようで、毎日欠かさず洗っているようですね。たとえば病気になって洗う事が難しい場合でも、2・3日が限度、という人が多いようです。特に夏場は汗も多くかきますからべた付きと共に匂いも気になってしまうようですね。みなさんはどのぐらいの頻度で髪の毛を洗っていますか?おそらく多くの人が「毎日洗うのが当たり前だと思っている人が大多数だらろう」と思っているのではないでしょうか。毎日洗う事が常識、という事が認識されている中で「毎日洗うのが常識だけど実は私は毎日は洗っていない」と言う人も案外多いと言います。特に女性の中では「毎日洗わないのは不潔だと思われそう」という感覚があり、毎日洗わない事はちょっと恥ずかしい事、と認識されているかもしれません。ですが実際には毎日洗う人ばかりではないようです。髪を洗う・洗わない、は特に命に関わる問題ではありません。ですから面倒くさい、と思ってしまえば洗わない事も許される事ではあります。もしかしたら多くの人は「毎日洗わない」と言うのは恥ずかしいけれども実際には毎日洗っている訳ではない、という人も多いのかもしれません。実際に女性に毎日髪を洗っているか?という質問をしてみると、当たり前のように「毎日洗う」と言う人は案外思ったほど多くは無かった、という結果も有るようです。単純に「面倒くさい」「翌日人に合う予定が無ければ不潔に思われる事も無い」などの声も聞くことができるようです。「毎日洗わないと不潔」という概念はもしかしたら人々の思い込みなのかもしれませんね。美容室 ヘアサロン 栄 カット カラー パーマ 人気 安い