心地良い美容室を目指して

心地良い美容室を目指して

美容室はお客さんが居心地の良さを感じる場所であることが望ましいですよね。どうしたらお客さんが居心地良く感じてくれるか、という事は、色々あると思いますがその一つに施術の待ち時間でのお客さんへのドリンクサービスがあると思います。待ち時間が退屈、というだけではなく実際に長時間同じ場所に同じ体勢で座っているお客さんと言うのは、かなり窮屈な思いをしていると思うんですね。それに美容師とはいえ人との距離がとても近い時間を過ごしている訳ですから、どこかでリラックスしたい、と思うお客さんは多いと思います。勝手に席を立って体を伸ばしたりすることは難しいかもしれませんが、ちょっとドリンクを飲んでのどを潤す事はお客さんにとってはとても楽しみでもあると思いますし、健康面から考えても滞った血流を循環させる意味も有ると思われます。ですから美容室にとってドリンクをお客さんに提供する、というサービスは機械的に行うようなレベルの事ではない、という事もいえるのではないでしょうか。お客さんに心からリラックスしてもらう事、もしかしたらドリンクを提供される事を望まないお客さんもいるかもしれない事、など色々な事を考えた方が良いように思います。どんな飲み物をどのタイミングで出すのか、といった事も大切ですね。お客さんの中には、たとえオーダーするメニューがカットだけであっても、途中でのどを潤したい、と希望するお客さんもいるかもしれません。ですが美容室側で「ドリンクを提供するお客さんの条件」というのを恐らく設けている事でしょう。どんなオーダーのお客さんにもドリンクを提供する、という事になっている美容室の方がおそらく少ないと思われます。ドリンクを出すにも経費が掛かりますし、お客さんがドリンクを飲む時間があるかどうか、という事も大切です。お店の回転率を上げようと思ったら、待ち時間がある訳でもないお客さんに対してドリンクを提供する事はあまり得策とは言えません。カットやスタイリングだけのお客様には実際にはそういう時間はありませんからね。もちろんお客さんも自分は今日はカットだけのオーダーだから飲み物が出てくる事は無い、という事は自覚しています。もちろんそれに不満を感じる人もそんなにいないでしょう。ですがもしかしたら「それでも途中で何か飲みたくなる」と言うお客さんもいるかもしれません。おそらく自分で小さなペットボトルなどを持ち込む事は、美容室的には問題ないと思われます。たいていの美容室では空調を入れていて空気が乾燥していると感じるお客さんもいるかもしれませんしね。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約