キレイなボブを作れる美容師

キレイなボブを作れる美容師

ボブカットは女性に人気がありますよね。そしてボブカットというのは観た感じいたってシンプルなスタイルです。ボブならどんな美容師でも作ることができるだろう、と思うかもしれませんが、実はこのボブカットを旨く作ることができる美容師こそが腕のある美容師だ、と言われるほどのスタイルのようですね。ボブカットをしている人の悩みとして、跳ねる髪の毛が出てきてうまくまとまらない、という事があります。これはカットの方法によるもののようなんですね。特に梳きばさみを多用して作ったボブカットは、ボブの丸みを出すための髪の梳き方が細かくなりすぎるので、結果的に髪が部分的に跳ねて出てくるような事になる様なのですが、これがはさみできちんと計算されたカットをすれば少しぐらい日にちがたっても
きちんと丸みが残るスタイルが作れるようなんですね。ボブは梳いた部分に毛束がハマることで丸みが出る様なのですが、梳きばさみで梳いただけではあまりに細かく梳いてしまうために、毛束がハマり辛い訳ですね。私達はボブ、というととても単純なスタイルのように思いますが、このスタイルをきちんと作ることができる美容師というのは、とても丁寧にカットする事が出来る美容師だ、と言えるのかもしれませんね。私達はよく美容室に行って「ボリュームが出て困るのでボリュームを押さえる様にカットして欲しい」というお願いをする事があると思います。多いのは男性の中で横の部分が張って見える事を悩んでいる人です。このようなボリュームダウンのオーダーに対してどのように対処するか、という所が美容師の腕の見せ所とも言えるかもしれません。実は美容師によると、ボリュームダウンする、というのは本当にボリュームを抑えるために髪の毛の量を少なくするだけではなく、「少なく見せる」と言う方法を考えるものらしいです。見せる、という事は目の錯覚を使って少なく見せる様なんですね。実際にボリュームを抑えるために髪を少なくしても、いずれはまた髪の毛が伸びてきて、結果的にはボリュームアップを招いてしまう結果になることもあるようです。ですが「見せる」技術だとその心配がないようなんですね。どういう事かと言うと、サイドのボリュームが気になる、という人に対して、もしも髪の裾部分のボリュームを少なめなスタイルにしてしまうと、逆にサイドの盛り上がりが目立って見えるんですね。ですが裾を広げるようなスタイルにすると、逆にサイドの部分が細く見えるんですね。いわゆる視覚のマジックも取り入れてカットをする、という美容師の技術にとても感心してしまいますね。北千住 美容院