早さとこだわり

早さとこだわり

早さとこだわカットしてくれる時間があっと言う間に終わる美容師と言うのは、みなさんにとっては良い美容師だと思えるものでしょうか?確かに思った以上に早くカットが終われば誰でも嬉しいものでしょう。ですが実際にはハサミ捌きが早いだけが良い美容師の条件ではないようですね。逆に言うと早くカットしようと思えば、どの美容師であっても早くカットする事は出来ると思うんですね。逆にどれだけ細部にこだわって方としているか、という事でカットの時間が長くなってしまっているのだと思われます。言われた通りのスタイルを作るだけなら、おそらくどの美容師でもあっという間に仕上げてくれるでしょう。時間をかけてカットするのは、髪の毛のボリュームや毛束の作り方、顔のパーツとのバランスなど、細かいところを色々考えて調整しながらカットする美容師であれば、当然時間がかかってくるものでしょう。おそらくその仕上がりの違い、というのは素人の私達の目には、仕上がった直後には解らない事もあると思うのです。ですが一か月ぐらいたってからバランスが崩れてくるスタイルと、長さが変わってきても落ち着いたスタイルが持続している場合とでは、それは明らかに美容師のカットのこだわりがちがっていたのだと思われます。よく「センスの良い美容師」という褒め方をする事がありますが、センスが良い、というのはただトレンドを良く知っている、という事ではないようです。美容師にとって一番大切なのは、バランス感覚だとも言われているようです。そのお客さんの顔や頭の骨格を見て、どうしたらバランスのとれた顔立ちを作ることができるか、という事を判断できるかどうか、という事の様です。たとえば最近はやりのアシンメトリーなスタイルをお客様が希望する場合、どちらのおでこを広く見せるか、そのぐらいの割合のアシンメトリーを作るか、という事は美容師のバランス感覚によって仕上がりがまるで違ってきます。ただ前髪を左右非対称にきればよい、といだけではないんですね。その人の顔立ちによってはアシンメトリーにしない方が顔周りが落ち着いて見える事も有ります。それでもお客様がそのスタイルを希望されるのであれば、その中で最大限バランスのとれたスタイルを作ってあげるのが美容師のセンスと言う物でしょう。分け目の位置、おでこを見せる割合など、その人の目鼻がどの位置にあるかという事と関係してくるわけです。お客様の骨格や顔立ちを見て即座にそれを判断できる美容師、というのはカットの技術以前にとてもセンスのある美容師だと言えるでしょう。池袋西口 美容院