ダイエット中でもつい食べるのが止まらなくなる「過食」〜過食と上手に付き合う方法

ダイエット中でもつい食べるのが止まらなくなる「過食」〜過食と上手に付き合う方法

「痩せたい!」と本気で思っているのに、つい甘いものに手が出てやめられなくなってしまう、自分の大好物を暴飲暴食してしまう…といったご経験をお持ちの方も、きっと多いでしょう。
このような人たちの中には、本当にお腹が減って食べ過ぎてしまうという人もいますが、中にはストレスがたまってしまい、その反動で過食に走ってしまう人もいます。
ストレスでついスナック菓子やスイーツを食べ過ぎてしまい、後で罪悪感でいっぱいになる…といった悪循環。これを経験しているのはあなただけではありません。

 

○ストレスによる過食は女性に多い!

 

ストレスが原因でつい過食してしまうのは、人間の行動としてよくあることです。
特に女性は、ストレスがたまると過食に走ってしまう人が多いです。
罪の意識を持つ必要はありません。
あなたに必要なのは、過食と上手に付き合っていくためのコツです。

 

○ストレス解消法の一つが過食

 

自分ではどうしようもなく止められなくなってしまう過食。
必要以上に食べ過ぎて太ってしまうだけなので、いいことはありません。
だからこそ罪の意識を感じてしまう女性が多いですが、ストレス解消法の一つという程度に考えてみるといいでしょう。美容師の求人は仕事とアルバイトは横浜駅で食べることは、体に栄養を与えることでもありますが、同時に、精神にも栄養を与えることにもなります。
甘くて高カロリーな食品は、確かにたくさん食べてもあまり栄養になりませんが、心の栄養にはなります。

 

なぜなら、食べている時あなたは幸せでいっぱいで、満たされて気持ちになりますよね。スイーツを
食べている瞬間だけでも、とてもおいしくて楽しく、ストレスを忘れることができますよね。
それなら「食べること」も立派なストレス解消法になっているということです。
だからストレスがたまった時は、食べてもいいのです。

 

食後に罪の意識を感じてしまうと、それがさらなるストレスを生み出して悪循環を引き起こすので、過食してしまったらそれで終わりにし、その後罪の意識を感じないようにすることが大切でしょう。

 

もともと甘いお菓子が大好きな子にとって、スイーツをいっさい禁止してしまうダイエットは、苦しいですよね…。
ダイエット中でもスイーツを楽しみたい!という人は、ちゃんとお腹を満たしてくれながらも、栄養バランスを考えた低カロリーなおやつを選ぶのがグー!

 

しかし、そんな奇跡のようなおやつが存在するのでしょうか?

 

実は、ダイエッターたちにおすすめしたいヘルシーなおやつは、ちゃんと存在しています。
以下の2つをご参考にしてみてください。

 

○HIGASHIYA 棗バター

 

ダイエット中でも甘いものをいっさい食べないなんて考えられない…!というあなたにぴったりのお菓子です。
栄養バランスも考えられていて、エナジーチャージにもぴったりなので、一食をHIGASHIYA 棗バターに置きかえてみるのもいいでしょう。
クレオパトラの美食、奇跡の果実などと称されることもあります。
自然な甘みに、濃厚なバターが組み合わさったおいしい逸品です。

 

○スリムシークレット ベリー

 

プロテインバーなので、たんぱく質が不足しつつある時に取り入れるのがぴったりです。
小腹がすいた時には特にいいでしょう。
大豆でできたプロテインと食物繊維がたっぷりと含まれたお菓子で、小腹がすいた時に食べるのがおすすめ。
一本150カロリーと200カロリーにも満たないのに、十分腹もちします。運動前など、お腹が空いてしまいそうな時に食べておくのもいいでしょう。

 

○一週間に一回スイーツデーを作ると挫折しない

 

スイーツをまるっきり禁止してしまうダイエットは、挫折の原因にもなりかねません。
毎日は確かに食べ過ぎな気がしますが、週に一回でもスイーツでーを作っておいしいお菓子を楽しみ機会を与えれば、そこまで苦痛にならないのでは?

 

中休みを作って、ダイエットの息抜きにしてみてくださいね。