美容室の鏡と他の鏡

美容室の鏡と他の鏡

みなさんは鏡に映った自分を見る時間って、どんな気分でしょうか?おそらく鏡を見るという時間は案外自宅だと多くの時間を使っていると思われます。朝のお出かけ前の準備にも鏡が必要ですし、女性ならば化粧室に入った時にはおのずと鏡を見てしまいますし、化粧直しをするなら当然鏡を見ます。夜寝る前に肌や髪の手入れをする時にも鏡を見ますし、ただ街を歩いているだけでも多くの店内で鏡に映った自分を見る機会があると思うんですね。そういう時に自分自身の鏡に映った姿、というのはどういう風に感じますか?おそらく自宅の鏡類ならまったく何も思わない、自然に鏡に映った自分を見ていると思いますし、おそらく店内の化粧室でもブティックの店内の姿見でも同じだと思います。ですがなぜか「美容室の鏡に映った自分を見るのは嫌だ」とか「美容師津だと鏡映りが良くないと感じる」と言う人が多くいるようです。確かに美容室へ行った時に目の前に大きく映った自分の顔を見て、何だか映りが悪い、違和感がある、と感じる人は多いでしょう。せっかくこれからキレイにしてもらうというのに、自分はなんてひどい顔をして美容室に来てしまったのだろう、ととても残念な気持ちになったり、美容師さんにバカにされたりしないだろうか、と心配になる人もいるようです。美容室に行くときには、今日はどんなふうにキレイにしてもらおうか、とウキウキした気分で行くのが普通だと思います。ですがその気分をぶち壊しにしてしまうのが美容室の鏡だ、という人もいるようです。カウンセリングの時にまず大きな鏡の前に座る訳ですが、その時に美容師さんが後ろに立って、鏡越しに色々話しかけてくれますよね。ですからどうしても鏡に映った自分を観なくてはいけません。その時に「どうしてこんなに肌が汚い感じ映っているんだろう」とか「私ってこんなに顔がむくんでいたっけ?」などといつも自宅で鏡に映っている自分とは、ずいぶん違うな、と感じる人も多いのではないでしょうか。もちろん自分の顔、というのはそんなに自宅と外出先で激変するという事はありません。美容室に来る時には、もしもその後の予定が無いのであれば多くの人はわりと軽めのメイクをしていると思います。だとすると自宅にいる時のナチュラルな自分とさほど変わりは無いはずなのに、なぜか美容室の鏡に映っている自分は不細工だと思ってしまう人が多いようです。そうなってくるとその原因は美容室が使っている鏡が違うから、という事が原因である、と推測できます。確かに美容室の鏡、というのはいわゆるプロが使う鏡なのだと思いますが、本当に私達が自宅で使っているものとは映りが違うのでしょうか?美容室 小岩 美容院 カラー トリートメント メンズ 安い 人気